日本から世界中にSAMURAI を創り出す

一流の講師によるSAMURAI体験

  禅と日本刀の分野での一流の方をお呼びし皆さまにご体験を頂きます。

目的:海外を訪れた際に、自分の国の事を聞かれます。外国人の方々に正しく日本のことを伝えられる日本人はわずかでしょう。日本の文化は、知れば知るほど驚きと感動にあふれ、先人たちの叡智と思いが詰まっています。これからの社会は、インターネットをはじめとした技術の進歩で、よりグローバルに人・物・金・情報と様々なものが身近になります。近くなる分、より互いの文化の共通点と違いを理解し合い、協力し新しい価値を創出することが求められます。そんな世界の中で、長く受け継がれている素晴らしい精神性、衣食住などの日本文化は類を見ない価値があります。日本文化の体験を通じて、学び、楽しみ、感謝する経験をサービスとしてご提供します。

プログラム内容

 


1.オリエンテーション
2.帰源院 富沢 住職よる坐禅指導と坐禅体験
 坐禅指導と坐禅体験
 坐禅体験
3.正宗 二十四代 山村綱廣さまによる日本刀の美と精神について
 正宗 第二十四代 山村綱廣さまの講和
 正宗 第二十四代 山村綱廣さま作の日本刀に観て触れる
 正宗 第二十四代 山村綱廣さまとの質疑応答
4.坐禅

 

お申し込みは下記フォームにてお受付しております。代表者のお名前、参加人数をご記載ください。折り返し、担当者からメールでお返事をさせて頂きます。また、質問等についても下記フォームよりお問い合わせをください。

SAMURAI Project の企画やイベントは、SAMURAI Project 運営委員会が行っております。イベントに関する問い合わせは、全て下記フォームにお願いします。イベント開催地等(例:帰源院)へのご連絡は禁止させて頂きます。

メモ: * は入力必須項目です

侍に求められた坐禅

 旧5千円札の肖像画で有名な新渡戸稲造氏は、外国人向けに書いた著書 「武士道」で次のように記しています。”ある一流の剣術の師匠(柳麟偶蹄歌謡棚)は、剣の極意を離五倍した弟子(徳川家光)に「私が教えのはここまで。これより先は禅の教えに譲らねばならない」と告げた。”(現代語訳 武士道 P26より)当時の侍にとって坐禅は大切な修養体験であったようです。

坐禅とは

 坐禅の意味を調べると”坐禅(ざぜん)とは、仏教で姿勢を正して坐った状態で精神統一を行う、禅の基本的な修行法”とあります。実際に坐禅を体感した多くの人が「心が落ち着きました」と言います。坐禅はシンプルです。禅の住職が初心者の方に坐禅の方法を伝える際に、特に強調しておっしゃるのが姿勢と呼吸です。禅語に「調身・調息・調心」という言葉があます。これは「正しい姿勢を保ち、正しい呼吸法で坐禅を組めるようになれば、心身ともに整う」という意味です。情報の多い現代、思考を整理することは大切なことではないでしょうか。ただ坐り心を空にすることは、心の断捨離のような効果があると思われます。

坐禅による心と体のメンテナンス

 正しい姿勢と正しい呼吸による心と体のメンテナンスには次のような科学的な効果があるようです。

  1.  脳内のセロトニン分泌量が増加することによって、ストレスに対する抵抗力の向上する。
  2.  結跏趺坐(けっかふざ)を組むことで正しい姿勢が保たれ、インナーマッスルを鍛えられる。
  3.  腹式呼吸で酸素を大量に取り込むことで、脂肪を燃焼し全身の血流血行を良くする。


 この様な効果が坐禅にはあります。特に多くの情報から的確な判断を求められる経営者や企業幹部の方には、坐禅を愛好されている方が多いようです。特にiPhoneやMacを生み出したAppleのスティーブ・ジョブズ氏は坐禅好きで有名です。禅の考え方はAppleのデザインにも影響を与えたと言われています。

刀は武士の魂

日本には「刀は武士の魂」という言葉があります。日本刀は、新渡戸稲造 著の「武士道」の出てくる勇、仁、礼、誠、名誉のといった精神的な象徴でもあります。

・「勇」――いかにして肚を錬磨するか
・「仁」――人の上に立つ条件とは何か
・「礼」――人とともに喜び、人とともに泣けるか
・「誠」――なぜ「武士に二言はない」のか
・「名誉」――苦痛と試練に耐えるために

 

また日本刀には「守り刀」として持ち主を守ったという物語や「未来を切り開く」という形状からの縁起物の意味もあります。この様な意味をもち日々の規範を求められる持ち主を守ってきたのが日本刀です。日本刀は代々受け継がれ、刀と共に持ち主の歴史と思いが宿っています。

日本刀を作る職人を刀鍛冶または刀匠と言います。「人と自然と神様への祈りが合わさって作られるものが日本刀です。」と刀匠 正宗 24代 山村綱廣さまのお話を頂いたことがあります。日本刀は武器や美術品という側面だけでなく、代々受け継ぐ精神性が形になった神聖なモノともいえます。


開催場所

場所: 帰源院 (観光客立入禁止のお寺)

神奈川県鎌倉市山ノ内416 JR北鎌倉駅 徒歩直ぐ

プログラム

1.オリエンテーション
2. 帰源院 富沢 住職よる坐禅指導と坐禅体験
 坐禅指導と坐禅体験
 坐禅体験
3.正宗 二十四代 山村綱廣さまによる日本刀の美と精神について
 正宗 第二十四代 山村綱廣さまの講和
 正宗 第二十四代 山村綱廣さま作の日本刀に観て触れる
 正宗 第二十四代 山村綱廣さまとの質疑応答
4.アンケート記載と終了のご挨拶

5. 〆の5分坐禅

参加申し込み

お申し込みは下記フォームにてお受付しております。代表者のお名前、参加人数をご記載ください。折り返し、担当者からメールでお返事をさせて頂きます。また、質問等についても下記フォームよりお問い合わせをください。

SAMURAI Project の企画やイベントは、SAMURAI Project 運営委員会が行っております。イベントに関する問い合わせは、全て下記フォームにお願いします。イベント開催地等(例:帰源院)へのご連絡は禁止させて頂きます。

メモ: * は入力必須項目です

体験者の感想

Q1. 坐禅をしてみてどうでしたか?

It was a privilege to learn and practice Zen mediation in such a unique and historical setting.  Thanks to this course, I feel as though I have made progress in understanding the nature of Zen meditation and its application not only in Japan but elsewhere in the world.  

Q2. 初めて刀をもってどう思いましたか?
It was a fascinating opportunity to explore a unique aspect of Japanese culture.  Thanks to this experience, I have taken a step towards understanding the Japanese sword not only as a weapon, but also a unique form of art.  

Q3. SAMURAI に認定されてどう思いましたか?
The certificate is a nice reminder of a day of learning about Japanese culture and meeting new friends.  

本日の体験の中で一番ワクワクしたことは何ですか?その際の気持ちを教えてください。

  • 刀の写真がとれた所が記念になりました。
  • 刀をまじまじと見れた時、昔の刀を使っていた方々の気持ちや思いが伝わってきた気がした。
  • HAJIMETE KATANA NO KOTO BENKYO SHIMASHITA ZAZEN TO YOGA NO HANASHI OMOSHIROKATA
  • Getting to use my Japanese.
  • ざぜん・日本刀 楽しかった ワクワクした
  • 刀を持って、写真を撮ってもらったこと
  • 日本刀を実際に持ってみたこと
  • 本物の刀をさわれたこと
  • 刀を持っての写真さつえい。当時の気持ち等を考えながら。
  • 刀をさわる所(時)、はじめてなので、きんちょうした。

参加申し込み

メモ: * は入力必須項目です

お申し込みは上記フォームにてお受付しております。ご希望の日時と参加人数をご記載ください。折り返し、担当者からメールでお返事をさせて頂きます。